読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菌魚のたはこと

キンギョの戯言。

フライフィッシング

ダメでした。

1月11日、東の風、晴れ、24度、大潮、深夜1時干潮マイナス14cm。夕方、潮汐表を見ていたら、潮どまりで狙えるイセゴイポイントが気になりだした。2年くらい行っていないポイントだが、バカだから気になりだすと釣れる気しかしない。脳内で銀鱗が宙を舞う・・…

新年夜釣り

無風、晴れ、気温26度、小潮満潮0時20分、121cm。新年はイセゴイから。潮位を考えると20時前には入りたいところだが、子供を寝かしつけるのに手間取り現場着が22時。大分潮が満ちていて腰までのウェーディングになってしまった。以前友人が掛けた…

リールとライン

前回の釣行で使い古したモニックのラインをカライワシに伸ばしてもらったが、巻き癖がとれなかったので、新しいラインに新調した。モニックは使用していなかった小径リールに巻いておいた予備のラインだったが、やはり保存の仕方がマズかったよう。今回購入…

カライワシ80cm

子供を寝かしつけてから近所の港へ。最近は港の常夜灯にギンガメの群れが付いているので、刺身用に少しずつ釣っていくのが習慣になっている。大きいものは40cm超なので、1匹釣れれば十分一家のおかずになるし、小魚をたくさん食べているのでよく肥えて…

自分で探して釣るイセゴイのフライフィッシング(昼間編)

海外のアトランティックターポンへの憧れからか、南西諸島でイセゴイを狙ってみたいという相談をよく受ける。イセゴイ自体はそれ程数の少ない魚ではないので、いる場所に行きさえすれば普通に釣れる魚なのだが、短期の釣行でその場所を探し当てるのはなかな…

久しぶりにフライを巻く

ここ1年くらいあまり釣りに行くことがなかったが、最近久しぶりにフライ熱が高まっており、ちょこちょこ釣りに行ってはフライを巻いている。写真は海で一番使用頻度が高いガッチャの私家版。一昔前はこの手のフライにラバーレッグやシールアイなどを盛って…