菌魚のたはこと

キンギョの戯言。

自分で探して釣るイセゴイのフライフィッシング(昼間編)

 海外のアトランティックターポンへの憧れからか、南西諸島でイセゴイを狙ってみたいという相談をよく受ける。イセゴイ自体はそれ程数の少ない魚ではないので、いる場所に行きさえすれば普通に釣れる魚なのだが、短期の釣行でその場所を探し当てるのはなかなか難しい。私は釣果自慢はしたいが、釣り場は明かしたくないという釣りブロガーの典型ともいえる人間なので、具体的なポイントはここでは紹介しないが、ちょっとだけヒントを記しておこうと思う。

 まずポイントからだが、日中の釣りでは「大潮の干潮時でも150cm以上の水深があり、水が濁り淀んでいる場所」というのが一つの目安になるので、どうしてもイセゴイを釣りたかったら、干潮時にリーフでミーバイを釣ったり、サンドフラットでオニヒラやチヌに挑戦することは諦めて、潮が満ちてくる前に河川のマングローブ域を走り回りポイントを探すというのがまず重要になる。(ここが1番大変)

f:id:kusabirauo:20161216092140j:image

(典型的なイセゴイのポイント)

 運良くそれっぽい場所を見つけたら闇雲に投げずに、まずは水面を観察しよう。活性が高い時のイセゴイは、群れで移動しながら大きなマスがヘッドアンドテールでライズする時のような感じで、数分から数秒おきにローリング(空気呼吸)するので、このローリングさえ見つけたらしめたものである。タイミングを見計らって、沈んだ時に浮上してくる泡の進行方向にフライを投げ入れて引きさえすれば、群れで奪いあうようにして喰ってくる。フライ、リトリーブには全く拘らないが、とにかくフッキングしにくくバレやすい魚なので2度目、3度目のチャンスを残すためにもスレやすいポッパーだけは絶対に避ける。また、非常に往生際が悪い魚でもあるので運良くフッキング出来たら急いで寄せずにあえてラインを送ってやった方がいい。フライラインは太くて水の抵抗が大きいので、しっかりラインを出しさえすれば常に微弱なドラグが掛かっていることになり、ジャンプされてもバレにくい。焦って寄せると手元で何度も跳ねられてバレることになる。

f:id:kusabirauo:20161216092317j:image

(光の当たり具合で様々な色に変化するイセゴイの鱗)

 ローリングがない時はシンキングラインを沈めて細かく探っていくのがベストだが、イセゴイのいるポイントは地形的にディープウェーディングを強いられる場所が多くシンキングラインを捌くのは非常に面倒なので、フローティングラインでヘビーウェイトのストリーマーを沈めてもいい。幸いイセゴイはフォールにも反応するし、まず間違いなくひったくるように捕食するので、ラインに分かりやすい当たりが出る。また反転したときの魚体の閃きも良く見える。

f:id:kusabirauo:20161215233912j:image

(40cm超のイセゴイ、このサイズだと5番ロッドをバットまで曲げる)

 タックルは、イセゴイだけを専門に狙うなら、日中では最大でも40前後しか出ないので4、5番程度の竿とフローティングラインでも十分だが間違えて40オーバーのゴマフエなんかを掛けたら止められないので6番以上が無難。フライは#8〜#6程度のストリーマー各種なんでも。ティペットは4号以上を使わないと、いいサイズの魚がフライを吸い込んだ時、あっという間に切られる。おまけだが、イセゴイは一箇所のポイントに数匹〜数十匹の群れが複数溜まっていることが多いので、小さな魚が連続して釣れるようならポイントを2〜5mくらいづつ移動して他の群れも探ってみるとよい。別のサイズの群れも必ずいる。

f:id:kusabirauo:20161216001340j:image

(渓流用3番ロッドとイセゴイ)

 最後に写真について。イセゴイは前述の通り非常に往生際が悪いので写真を撮るのに苦労するが、水から上げて硬い地面に置くと鱗を撒き散らしながら狂ったように跳ね続けるので絶対に避けること。リリースを前提とした釣りは、どう綺麗ごとを並べたところで結局は魚をいじめる遊びではあるが、釣った魚を出来るかぎり生かして元気に返すというのが、最低限の務めだと思う。恥ずかしい証拠写真を撮る前にその魚がどういう状況なのかを少し考える余裕を持ってほしい。