読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菌魚のたはこと

キンギョの戯言。

カライワシ80cm

  子供を寝かしつけてから近所の港へ。最近は港の常夜灯にギンガメの群れが付いているので、刺身用に少しずつ釣っていくのが習慣になっている。大きいものは40cm超なので、1匹釣れれば十分一家のおかずになるし、小魚をたくさん食べているのでよく肥えていて非常に旨い。

 しかし昨夜は北風が強く、狙いの常夜灯下は波ザバザバ。全く魚の気配がないので、風をしのげるスロープに移動してキャス錬を兼ねてガーグラーを通していく。足元や常夜灯が微妙に効いているあたりはボラのみで全く気配なし。う~ん。追い風にのせてロングキャストでさらに探る。角度を変えて投げた3、4投目だったかな?ガーグラーを怠く引っ張っていると、ピックアップ間近で、いきなりド派手な水柱が上がった。あっ!手前のボラに背掛かったかな?と思いつつも反射的に合わせると、手元のラインがズババーと飛び出していく。タコ踊り状態でわたわたとラインを送るも、ぐるぐるに巻き癖が付いたランニングラインをさばききれず、ラインの末端が大きな団子になってストリッピングガイドに絡み、一気に竿が絞り込まれた。うぇ、もうダメだ。切れてもいいかと、半ば諦めつつ思い切りラインハンドを引いたら、奇跡的にプンっと解けた。ふぅ、、、

 竿に伝わってくる重量感がなかなかだったので中型のローニンかな?と思ったが、バッキングを30m程出したところでジャンプをしたのでレディと確信した。ランディングの際、手前に係留してある船を躱さないといけないので、ラインを送ってじわじわ弱らせようとドラグを緩めたが、さらに10m程ラインを送ったところで、急にスプールがロック。グググっと竿がのされて遠くでジャンプする白い魚体が見えた。あれ?と思い、リールを確認すると今度はバッキングが噛んでいる・・・なんだかなぁ。幸いそれ以上走らなかったので、あとは時間をかけてゆっくり弱らせ、ファイト時間10分くらいで無事ランディング。すべて準備不足のせいなんだけど、あわただしい釣りだった。準備は大切・・・・。

f:id:kusabirauo:20161225002356j:plain釣り上げたカライワシ。多分80cmくらい。掛けた後はイセゴイよりよっぽど楽しいが、なぜか特別狙おうと思えない不思議な魚。