読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菌魚のたはこと

キンギョの戯言。

クロヒラアジ

 北東の風、晴れ、気温26度、後中初日の15時干潮。「14時〜17時でオニヒラポイントに入りたい、、、。」朝から妻の顔色を見ながら子守。近所のママ友達と公園で頑張る。昼過ぎに子供達がおねむモードに入ったので妻からゴーサインが出た!すぐさまタックルを車に放り込み、最初のポイントへ。街中で大したことないと感じた風は海の上では結構強く、竿を立てるとフライが宙を舞う。水面も波立ち、オニヒラの引き波、魚影も見えない。すぐに移動すれば良かったが、時折見えるチンタ相手に粘ってしまって時間を浪費した挙句、完全な空振り。沖の駆け上がり付近で20〜30センチぐらいのイナが狂ったように跳ねていた。ローニンかサメか。何れにしても私には縁が遠い。

 

 次に入ったポイントはやや風がしのげる場所だが、利き手側からの風でやはり引き波は無し。しかし、少しずつ移動しながらアマモ場で目を凝らすとチラホラと40〜くらいのオニヒラが見えた。何としても釣りたい、、、少ない魚影を下手くそなバックハンドキャストで狙うがなかなか食わせきれきれずジリジリ。潮も上げてきていて時間がない。何回かのチャンスをフイにしてもうダメかと諦めかけた時、なんとなく感じた水面の違和感、、、気持ちを落ち着かせてフワッとキャスト。フォール5カウントから、ずる〜っとリトリーブを入れるとグググッ!ようやく喰った!

f:id:kusabirauo:20161231231959j:image

クロヒラアジだったけどね、、、。ヒットフライはクレイジーチャーリーのタン#6。今年はこれで釣り納め。