読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菌魚のたはこと

キンギョの戯言。

新年夜釣り

  無風、晴れ、気温26度、小潮満潮0時20分、121cm。新年はイセゴイから。潮位を考えると20時前には入りたいところだが、子供を寝かしつけるのに手間取り現場着が22時。大分潮が満ちていて腰までのウェーディングになってしまった。以前友人が掛けた推定80cm超のローニンが頭だけになって上がってきたのを目の当たりにしてから、夜間のディープウェーディングは腰が引ける。・・・恐る恐る入水。

 この場所は岩が点在しているポイントで、フライを通すコースを間違えると根がかるのでイワイミノーを結んで流心に対して直角にキャスト。メンディングを入れて様子を見る・・・・思った以上に潮が流れていないが、そのままフライを橋脚の陰に送り込んでスローリトリーブ・・・ストップ・・・・グググ!いきなりきた。一発のアタリで掛かるとはなかなかツイている。何度か跳ねられたがやりとり3分くらいで無事ランディング。珍しくあきらめの早いやつで写真も一枚だけだがサクッと撮れた。腹でもすかしていたのだろうか。サイズは夜間のアベレージで多分55cmくらい。一投目からイメージ通りの釣りができてこれは好調かと舞い上がったが、その後はあまり振るわず、もう1匹追加で、0時には納竿。もう1匹の方は60cmを超えていたが、あまりに暴れるので写真を撮らずにリリース。あたりは全部で6、7回といったところ。まあ、こんなものです。40m投げれば核心のポイントに入るんだけどねぇ。

f:id:kusabirauo:20170105013831j:image

 因みに、このサイズならリールファイトはいらない。竿も6番の方が面白いが、夜の河口はローニンやゴマフエなどの大型魚が差してくるので、一応8番を使っている。このポイントは水深が深くても2メートルなので、よほど大型の魚がかからない限り8番でなんとかなる。下の写真は事故で掛かったタマン。強烈な突っ込みで沖縄の釣りを代表する人気魚だが、シャロ―で掛けると重いだけであまり面白くない。まぁ、リーフで掛けたらフライロッドじゃ絶対止められないけどね。

f:id:kusabirauo:20161214172651j:plain