菌魚のたはこと

キンギョの戯言。

港で小物釣り

 1月21日、北東の風、19度、小潮、干潮20:43。寒いからウェーディングはパス。20時過ぎ、小潮干潮ローニンポイントへ。オバケが出ると噂の場所。車から降りて竿を継いでると、ウワッ!釣り人がいる。この場所で知り合い以外の釣り人に会うのは初めてかも。話を聞いてみると島外からの人。しばらく出張で島に滞在するとのこと。オバケの話はしないでおこう。「昨日は小さなガーラとカーシビーが結構釣れた」らしい。チョット向こうで投げさせて下さいと釣りを開始したが、なんか・・・なんか・・なんか眩しーー!おじさん、3本仕込んでるブッコミ仕掛けを投げ直す時、振りかぶりながら仕掛け、竿先を確認するんだけど、その時のヘッドライトの光で、もろにコッチ照らされちゃってるんだよね・・・。ちょっと悩んだけど、やっぱりダメそうなので移動。

f:id:kusabirauo:20170122132234j:image

 結局、近所の港で粘ってタイワンカマスとギンガメを一匹ずつ・・・。ギンガメは単発のナブラを狙って釣ったが、後ろからついてきたのは40cm以上あった。小さいほう掛けてしまったみたい。カマスは1匹釣った後4連続でバラしたら群れが居なくなってしまった。こんな釣りやるなら6番のタイプ4持ってくるんだったなぁ。